So-net無料ブログ作成

片鉄ロマン街道 [自転車のこと]

前々から一度走ってみたいと思っていた片鉄ロマン街道へ行ってきた。



相棒は中学時代からの友人M。

一緒に愛媛県に住む友人宅へ向かう前の寄り道だ。

片鉄ロマン街道は廃線跡をサイクリングコースに整備したとのことで、随所にその名残を見ることができる。



katatetsu.jpg


早めの出発だったので平行する吉井川からの霧が幻想的だ。





子どもの頃鉄道好きだったので潜在的な鉄分(注釈:鉄道が好きな人=鉄分が高い人)が湧き上がってくる。

対するMは鉄分ゼロ、自転車も今日が始めて。

ゆっくりした散歩ペースをキープする。







私は駅舎&自転車を主に撮影するが、Mは風景ばかり。

ケツが痛いとMが言うが、完全無視でペダルを回し続ける。

サイクリングロードは整備が行き届き、とても走りやすい道。

ロードで駆け抜けるよりもポタリング向きだ。

平行する吉井川も予想以上に美しい川で、旅好きのMもまんざらでもない様子だ。






ゴールに設定した吉ヶ原駅には車両が保存してある。


定期的に動かして乗車できるようだが、現在メンテナンス中でしばらくお休みしているようだ。



katatetsu00006.jpg


鉱山の町だったとのことで、往時の町の様子はどうだったのかと思いを馳せる。





片鉄ロマン街道、納得のいいネーミングだ。





鉄分ゼロのMは次の目的地、「たまごかけごはんの店 らん」に思考が100%切り替わっている。

仕方ないので名残惜しくも吉ヶ原駅を後にする。



開店と同時に店に入り、たまごかけごはん定食を注文。

地域の食材にこだわったというこのお店。

たまごかけごはんに5種類のタレをお好みでかけて食べるのだが、何でもこのあたりは坑道で栽培される黄ニラが名産だそうで、これを使ったタレがイチ押しだった。

たまご+ごはんのおかわりがプラス100円と、リーズナブルだったので、もちろんおかわり。

満腹で、お味も大満足。



往路のご褒美がたまごかけごはん、復路はもちろん温泉。

少しだけペースを上げて和気鵜飼谷温泉に向う。

道中に何人かの自転車人と話をする。

まだ電車が走っていた時のこと、岡山の自転車事情のこと、自転車の共通語があるので、見知らぬ方でも友達。



そう言えば吉ヶ原で会った大阪のおばちゃんの団体さんは誰とでも友達みたいに話していた。

同じ大阪から来たと告げるともう親友みたいに話してくれる。

どこへ行ってもパワフルだ。



ゴールに設定した温泉で汗を流す。

気持ちいい。

ゆったりペースとは言え、約50キロ走ったMは少々お疲れ気味。

初心者にしては、まあ及第点といったところか。



走りきったその後も、結局Mの鉄分が上昇することは無かった…。

タグ:モールトン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2