So-net無料ブログ作成

この世界の片隅に…呉旅行 ポタリング編 [自転車のこと]

前回のお話はこちら
https://bsm.blog.so-net.ne.jp/2018-11-24


日が傾き出し始め、あまり時間がありませんが、少しだけ呉の街を散策してみることに。


20181122_062441645_iOS.JPG

街に自衛官向けの制服店があります。
軍と自衛隊と共に生きてきた呉の街ならではですね。


20181122_063003469_iOS.JPG


旧呉海軍工廠塔時計 
きゅうくれかいぐんこうしょうとうどけい
旧呉海軍工廠塔時計


市有形文化財 昭和56.10.1

 この塔時計は大正10年(1921年)6月10日,旧呉海軍工廠造機部の屋上に設置され,昭和20年(1945年)の終戦まで工廠と共にその歴史の時を刻んできました。現在も動いている電動親子式衝動時計としては,国産最初のものです。終戦後,旧工廠内にあったものを,昭和46年(1971年)5月,入船山記念館内に移設展示され,昭和56年(1981年)の修理により再び時を刻み始めました。

呉市のサイトより引用


20181122_063042808_iOS.JPG



坂を登り歴史の見える丘へ。

20181122_063932421_iOS.JPG



歴史の見える丘
 歴史の見える丘軍港都市から平和産業都市としての道を歩んだ、明治以降の呉の歴史が一望できる場所として、1982(昭和57)年に完成しました。

 この丘からは、「旧呉鎮守府庁舎(現:海上自衛隊呉地方総監部庁舎)」や呉で造られた戦艦「大和」を建造したドックの上屋を眺めることができます。

 現在、ドックは埋め立てられ、上屋(骨組みは当時のまま)だけが残っています。また、大和の主砲徹甲弾や造船船渠記念碑、正岡子規の句碑などもあります。

呉市のサイトより引用



20181122_064305536_iOS.JPG


20181122_064037189_iOS.JPG


ここで大和は作られていたんですね~
ここは確かに歴史の見える丘だ。


晩御飯スポットを探しに、繁華街と呼ばれるエリアの散策&下見に。
暗くなってきたのでデポ地へと戻ります。


20181122_065847182_iOS.JPG


20181122_070028769_iOS.JPG



20181122_070417517_iOS.JPG

旅行先で自転車があると機動力があって実に楽しいです。


20181122_070706258_iOS.JPG



繁華街は思いのほか繁華街ではなかったのでショッピングモールのフードコートで夕食を済ませました(笑)

続く
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。